究極

『この世界の片隅に』

クドクド語れるが端的に言う。「この世界の片隅に」の劇場アニメ版、最高である。   原作の持ち味を一切消していないばかりか、同じ絵柄を再現して最大の極みまで登りつめた。こんな幸せな漫画の映画化はあろうか。ここまでの「アニメ映画」は、最...続きを読む

『ガールズ&パンツァー 劇場版』

『ガールズ&パンツァー 劇場版』は、本当に、2015年の映画で言えば『マッドマックス』と双璧をなすレベルな、過激乗り物アクションであった。   多分「日本を舞台にした戦車の市街戦を、いかに合法的に120分通してぶちかますか」というこ...続きを読む

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』

ようやく……ようやくだ。知人中6人が3回超えリピーターとなるぐらいの熱狂ぶりを漏れ聞くも、多忙だったり体調崩したりしてたせいで、まだ観ていなかった『マッドマックス 怒りのデス・ロード』をようやく観てきた。原題とは違う邦題が付いてるのも、嬉し...続きを読む

『ペコロスの母に会いに行く』

驚きの傑作、であった。 映画『ペコロスの母に会いに行く』、のことである。   普段、大変ご高尚な内容の「キネマ旬報」、ならびに「映画芸術」両誌の評価は、自分の中では全くの論外なのだが(共通しているのは、テレビ派生映画は一切...続きを読む

『かぐや姫の物語』

今更ながら、書く。 (観た直後に生々しい印象を引っ張ったまま書けばよかったな……)   さて、一部で「冗長」、「誰もが知ってる話を引き延ばしただけじゃねぇか」と言われている本作であるが、ソレガシは、とてつもない衝撃を感じた。シーン...続きを読む

『わが青春のトキワ荘 ~現代マンガ家立志伝~」』

かのトキワ荘がぶっ壊される直前の1981年に作られたNHK特集に、『わが青春のトキワ荘 ~現代マンガ家立志伝~」』いうものがあります。 長らく観たいと思っていたんですが、これ、愛宕山でも渋谷でも川口でも観ることができず(要するにNHK...続きを読む

石ノ森ツアー(都内ごく一部)

今回は『石ノ森章太郎つながり』のお話。 友人K君に誘われ、東京ドームシティに行ってきました。我が同世代のお子さん連れお父さん方がいっぱいいる中、大きいお友達たちは動じる気配もありません。感じるものもありません。もう慣れましたw ...続きを読む

『はじまりのみち』

人生は短い。なのでクソ映画を観ているヒマはない、と 映画好きの小生ですら思う昨今なのですが、 まぁここで言うクソ映画とは、ぶっちゃけ、 今のテレビ屋邦画全体のことであり、それなら、 ハリウッドのバカSF大作でも観てた方が 10...続きを読む

小橋!小橋!小橋!小橋!こばしー!。゚(゚´Д`゚)゚。

小橋建太引退試合@日本武道館。 ソレガシが中学生の時、初めて観た生プロレスは全日本。 確か当日立ち見の学割1000円だった。 岩手の片田舎の体育館でのドサ回りで、 オレンジタイツの小橋は、何の迷いもなくTVの中と同じ戦いをし...続きを読む

『しあわせカモン』の細部に宿る神

かつて小生が田舎(地元岩手)のテレビ屋をしていた頃、 松本哲也君という、確か同い年ぐらいのご当地出身シンガー・ソングライターが メジャーデビューして、色々とキャンペーンやライブ活動をした。 当時、小生の掲げてたチンケなコンセプトに...続きを読む