漫画

ギャンダマン

普段の日曜は完全にダルダルで、家事とネットばかりの、 腐れ外道な小生も、ポン友らと遊ぶ時はアクティブです。   お台場にできたガンダムフロントに、行って参りやした。 通算三度目建立の1/1ガンダム立像が、看板がわり。 こいつは神々...続きを読む

風のマジカル

急に思い出したことがあります。 まぁ、本ブログのタイトルそのものからして大長編ドラなんですが、 その宇宙小戦争じゃなく、『のび太の魔界大冒険』のことを。 魔界大冒険の公開時、多分小2になる直前だったと思うんですが、 もう...続きを読む

磐石のキュウマン『グラゼニ』

野球漫画を略して「球漫」は、伊集院光が唱えた概念ですが、 やはりワンジャンルを追いかけていくと様々な時代の変化がございます。 いつまでも水島新司の時代だと思ったら大間違いでして、 (いや、水島新司は、それはそれで大リスペク...続きを読む

のんきとのんき

マンガで「のんき」と言ったときに、何を思い浮かべるか。 大体の人はみやすのんきかも解りませんが、それはそれとして、 僕的には『のんきくん』。 藤子Fのチーフアシスタント、故・方倉陽二の作品です。 小学生レベルのギャグをよ...続きを読む

ボンクラ書棚シリーズ~解禁の封印作品は迷わず買う!~

※ 『仙べえ』 これは、非常に珍しい1冊です。 現在小学館から猛烈に刊行中の「藤子・F・不二雄大全集」は、 数年前までは「封印作品」と呼ばれていたものの多くが、 シッカリ収録されている、文字通りの「大全集」です。 当然...続きを読む

ボンクラ書棚シリーズ~銃は「なりきり」より入る~

書評……ウソです。 単なるオススメ本エントリー、名づけて「ボンクラの書棚」シリーズ、と洒落こみます。 昔から、客という客に「人格が出てる」と失笑されてきた、我が本棚の、最近のものから……   ※ 『ヒーローたちのGUN図...続きを読む

やりすぎ赤塚伝

小生は「レジェンド漫画家の自伝、ないし伝記」がすっげぇ好物で、 連ドラ観る習慣なんか皆無なのに、去年あろうことか『ゲゲゲの女房』を完走しちゃったほどなんですが、 そんなコレクションの中に『赤塚不二夫のことを書いたのだ!!』という本が...続きを読む

漫画家の作画を見たことがあるかね

観てある記ネタばかりで恐縮ですが、 博物館マニアの面目躍如、明治大学博物館(無料)へ行きました。 常設展も、ココは刑法の学校ですゆえ、首晒し台、ギロチン、 ニュルンベルグの鉄の処女……アイアンメイデンですな……などの拷問具が充実。...続きを読む