ガジェット

『スティーブ・ジョブズ』

「天才」とか「偉人」とか言われる人の伝記映画には2タイプある。 虚、虚、虚で、本当に聖人君子としてのファンタジーを構築するか、 それとも、「負」の面も率直に描くか。   このジョブズ伝記映画を観て、小生はとっさに、「不世...続きを読む

乞食は立川にいる

※本当のルンペンのことではありません。 1年ほど前から参加させてもらっている、崇高なるレジャーこと「乞食ツアー」。 合言葉は「ゴミの中に宝がある!」 これは、クルマでもってハードオフ・ソフトオフに生活創庫、個人リサイクルショッ...続きを読む

アメトイ散策……「昔はこうやって探したもんよ!」

『シュガー・ラッシュ』のグッズは、残念ながら日本では、ほぼ売られていない。 そこで、評判の資料集はUSアマゾンで買い(当然ながら未着)、『キック・アス』のヘンリー・ジャックマンによるサントラはどっかの輸入CD屋に注文したら、シングルみ...続きを読む

「フィックス・イット・フェリックスJr.」お見事!

映画『シュガー・ラッシュ』の中に出てくる、 現実社会には実在しないゲーム「フィックス・イット・フェリックスJr.」の 「実機筐体」(!)が、ワーナー・マイカル板橋に、なぜか、あったのを、 過日『テッド』鑑賞の際に、小生は確認したの...続きを読む

時計の海に沈め 『セイコーミュージアム』

博物館資料館、記念館たまに美術館めぐりは、我がライフワーク! ツーことで今回は、東京都……何区だここ? まぁ、スカイツリーに程近いセイコーミュージアムにやって参りました。 時計メーカーのセイコーですな。 偉いなぁ、と思ったの...続きを読む

アニソン事始め

今でこそ、世の中は猫も杓子もアニソン商売、であるが、 何事にも「始めた人」はいる。 そんな人の証言を聞く催しがあった。 俗にオーラル・ヒストリーと呼ばれる研究手法を、 公開客入れでやるようなもの。興味があったので、行ってきた。 ...続きを読む

炎上事件簿

最近読んだ本の中で、類書がほぼなく、かつ、 非常に「現代さらりいまんのサブテキスト」と言って 差し支えない書籍があるので、紹介したいと思います。 『ソーシャルメディア炎上事件簿』(小林直樹 日経BP社)です。   ソーシャ...続きを読む

バカと輸入と円高ドル安ユーロ安

ボキが最後にアメーリカに行かざるを得なくなったのは、 (仕事と観光では、どうしてあんなに気分が違うんでしょう!) もう4年とか前で、まーもう今後はまかり間違っても仕事で海外出張なんかないし、 行きたいとも思わないワケなんですが、 ...続きを読む

水は甘いか酸っぱいか

東京で暮らす時は必ず浄水器を使っておりました。昔も、今も。 まぁ、マズいですからね! 我が田舎の水道水とは違い、元から東京・埼玉の水は 直飲みはできなかったマズさなワケですが、 この震災の金町浄水場放射性物質騒動以来、 飲料水...続きを読む

壊せる町がある幸不幸

『ウルトラアイ』の話で思い出したので、ついでに書いておきますが、 この前、ウチの職場の人がネ、何かの小道具に使うってんで、 ウルトラマンのフィギュアを買ってきたんですが、それが、 「壊れやすいビル型ブロック」付きだったんスよ。...続きを読む