スーパー戦隊“魂”2012東京

今日はいろんな人がそれなりの休日を満喫した模様。
自分良ければ全て良し。価値観というのは自分のが全てさ。
それでいいんじゃねぇかな。

ソレガシは、東映スーパー戦隊ソングのオリジナル歌手が出演のライブ
「スーパー戦隊魂」に3年連続3回目の出陣。

今回ある行き違いから、当初予定していた方が不参加になり
ヤバかったが、結果としては別な方に登板賜り、
その方も満足しておられたので、まぁ。

今年は、ぶっちゃけ神がかっていた。影山ヒロノブが出なかったが、
メガレンやマジレンなどで、過去になかったオリジナル歌手が投入され、
OLDとNEWの混ざり具合もよく、何より、聞いてもわかりゃしねぇw「挿入歌」が少ない。

串田アキラが「これはゴーバスの挿入歌だぜ!」とギャバンを投入すれば、
サイキックラバーのシンケンで異常に客がエキサイト。

燃える局面が多かった。
こんだけシリーズが続けば、もはや全てのOPのみを投入するのも不可能。
その中でどうセットリストを組むかも、今後の問題であろう。
今日はうまくいっていたと見る。シンケンとかがそうだが、

ていうか、ささきいさおはバケモノか! 
年を経るたびにキレもノリもよくなっていく。
明らかに顔だけは爺さんになっていくが、動きと声は全く衰えない串田アキラにも感涙。

しかし、問題は宮内タカユキだ。どう考えても、この1年で何かあった、と思った。
動きがロボットなのだ。

帰ってブログを見て確信。

彼は東北弁で言えば「あたった」のだ。
それは間違いない。

しかし、無謀にも、全国ツアーが組まれている。
来年正月早々には、このイベントの姉妹編「メタルヒーロー魂」もあるようだ。
メタルヒーローに、この人は欠かせない。
間に合うのか?頑張っていただきたいと言うよリ他に、ない。

さて実際、今日は3時間スタンディングで踊り暴れ、コールしながら聞いていたら、
もう体バキバキで「もーダメだ!」と思ったのだが、俺自身も四十の声が聞こえてきて、
そろそろアレであるのに、こういうオリジナル歌手たちがいつまで「持つ」のか。
一抹の不安もある。

客も歌い手もしんどい時代になってきた。
若手はいいのだが、レジェンドは段々……歌手も、客も。
現実は受け止めなjければならないが、それまでは楽しもう。

 

Facebook Twitter More...
Comments

No comments yet.

Leave a comment