まんが歌謡レジェンド

先輩たちと、ライヴ「アニメジャパンフェス」に行ってきやした。

とはいっても、埼玉スーパーアリーナで水樹奈々にサイリウム振るだの、
そーゆーようなもんではなく。
ああいう「アニソン」は、小生に言わせれば邪道です。
歌手になりたかった人が、声優という職を介して人気を得て、
オリジナル曲を歌ってキャー! なんてのは、本末転倒も甚だしいのであります。

本日、会場のライヴハウスで展開されたのは、「まんが歌謡」と
「まんがロック」のみ。これが、正しいテレビまんが主題歌のあり方。
それは「歌手」が歌うべきものなのです。

「<出演>水木一郎・串田アキラ・山本正之・大槻ケンヂ・福山芳樹・遠藤正明
<特別出演>ささきいさお」

……どうかしてますよ、この座組。
おっさんホイホイなんてもんではないっすね。
しかもトップの水木アニキが歌った一曲目が『ゲームセンターあらし』

のっけから狂い気味。

オーケンも相変わらずのイイ感じ(筋少は俺の原点の一つですからね)。

ささきいさおは、軽いステップで芸歴50年・和製プレスリーの貫禄見せつつも、
なぜかザ・ウルトラマンなんかやるし、

串田アキラは当然、文句なしのシャウト。
ザブングルのEDなんかはキレキレで泣けますわ。
http://www.youtube.com/watch?v=hIDcv43M90g&feature=player_embedded

渋い選曲が多かったなぁ。
でも、全部歌える。
そう、それこそが「まんが歌謡」の面目躍如なのであります。
キャッチーじゃない曲なんてダメダメ。

けど、オーケンも45とかで、他の人らは還暦すぎとかでしょ。
なんでああいう声が出るのか。

職業ボーカリストってすげぇな、と文句なしに思うと共に、
このメンツは明らかに自分のスター達でしたから、
並んだ絵面とかは失禁モノでしたよ。
一番とんでもないのは、山本正之大先生。

こういうフェスにはまず出てこない人なのに、出てきた。
アコギ一本で場の空気を緊張させるオーラ。さぁ、聞け! と。
曲はヤッターキングだったりするのに。

たまんねぇ。

かなりグっと来ましたね。

レジェンド達は、ちゃんと見ておかないとダメだわ。
新しいもの追うだけが人生じゃねぇわ。絶対。
噺家だって60過ぎ位が芸歴のピークだもんね。

そもそも、この人達は声が全く変わってないワケですよ。
昔、ブラウン管テレビでさんざっぱら聞いた人らの生声が目の前数メートルで!
カンドーしましたな。

兄尊「アニソン」林檎もぎれビーム!THE ULTLAMAN MUSIC COLLECTION戦闘メカ ザブングル BGM集

 

Facebook Twitter More...
Comments

No comments yet.

Leave a comment