ボンクラ書棚シリーズ~解禁の封印作品は迷わず買う!~

※ 『仙べえ』

これは、非常に珍しい1冊です。

現在小学館から猛烈に刊行中の「藤子・F・不二雄大全集」は、
数年前までは「封印作品」と呼ばれていたものの多くが、
シッカリ収録されている、文字通りの「大全集」です。

当然、小生のような藤子狂ボンクラは……
まぁ本当は、全部買うんでしょうが、
スペースも元手もないので、それは老後の楽しみとして……

『ドラえもん』とか『パーマン』とか、そんな小中学生時代に
散々てんとう虫コミックスやF.Fランドで散財させられた
「藤子Fの基礎教養」には目もくれず(本ブログのタイトルもドラえもん大長編からのイタダキですが)

『オバケのQ太郎』とか『ジャングル黒べぇ』とかの「封印解禁作品」だけを、
ここぞとばかりに買いまくっているワケです。

そこでこの『仙べえ』です。
なぜ珍作かと言えば、アイディアが藤子「ファンタジー」不二雄・藤本。
画が藤子「アナーキー」不二雄・我孫子。

藤子不二雄名義でも、合作と言われる『オバケのQ太郎』や『海の王子』は、キャラの描き分けで合作なんですよ。
Q太郎やP子がF画、正ちゃん伸ちゃんがA画。ストーリーも共同でひねり出していて。

なので、そうでないタイプの藤子合作は、実はこの時代(昭和40年代後半)には非常に珍しい!

ボクの知人のジャーナリスト、安藤健二さんの、
まさに執念のルポと言える名著、『封印作品の闇』は、
封印作品の闇―キャンディ・キャンディからオバQまで (だいわ文庫)
俗に「オバQの封印」の原因が、「石ノ森章太郎ら、多くの友人漫画家が絡んだための著作権問題」だと
言われていたのに異を唱え、実は、両・藤子不二雄どうしは本当に仲が良かったのに対して、
「家族間には確執があった」ことを暴き、それが封印の本質だと喝破したワケです。

僕は、それが表沙汰になってしまったことが、一気に「オバQの封印解禁」につながったと睨んでます。
ファンとしては極めて複雑な裏事情でしたが、安藤さんは、イイ仕事をした。

オバQが今読めないことは、藤子ファンにとっては不幸でしかなかったですからね!

でも、オバQのそんな封印理由を思えば、この『仙べえ』なんかは、
オバQ以上に解禁する理由が見当たらないんですよ。

世間的にはドマイナー作であるばかりか、原作がFでも、画はもろにAのそれで……
というかAしかタッチしてないワケでして、Aの作品だと言っちまえばそうも言える部分があり、
F作品と言えるのかは、かなりグレーゾーンだったんです。

それゆえ、この作品の単行本は当然幻であり、
異常な高値だったことでも知られますが……

とうとう封印は解かれました! 読むしか、ないでしょう!
藤子ファンなら!

藤子Fは、皆さんご存知の「優しいお話」を、もちろん得意にしていましたが、
その一方では、Aもかくやの「ひどい笑ィ」を生み出すストーリーテラーでもありました。
画がマイルドだったから、気がついてないだけでね。
『ドラえもん』にだって、ひでぇブラックな話はありますよ。

その「黒めのF話」が、A画の持つバタ臭さ、そして本領の「Aの黒さ」と融合した時、
完成度は奇妙に高まっていたワケですよ!

とは言いながら、Fの「優しい話」を、Aがシッカリ描くという、
逆の意味でスンバラシイ部分も、この作品にはあり、
あぁ、これが僕らの知ってる「二人でひとり」の藤子不二雄、だよなぁ、と、
そんな事だって思うのであります。

名作です。間違いなく。

赤塚不二夫マンガ大全 「ぜんぶ伝説のマンガなのだ!!」 (別冊宝島) (別冊宝島 1769 カルチャー&スポーツ) 赤塚不二夫マンガ大全 「ぜんぶ伝説のマンガなのだ!!」 (別冊宝島) (別冊宝島 1769 カルチャー&スポーツ)

文藝別冊 吾妻ひでお 美少女・SF・不条理ギャグ、そして失踪 赤塚不二夫アニメコレクション 映画・TVスペシャル・OVA豪華13本立てなのだ!【DVD】 クレープを二度食えば(リュウコミックス) 天才バカボン幸福論。夜のつぎは朝なのだ。 レッツラ*ゴン (小学館文庫―赤塚不二夫名作選)
by G-Tools

 

Facebook Twitter More...
Comments

No comments yet.

Leave a comment