ボンクラ書棚シリーズ~銃は「なりきり」より入る~

書評……ウソです。

単なるオススメ本エントリー、名づけて「ボンクラの書棚」シリーズ、と洒落こみます。

昔から、客という客に「人格が出てる」と失笑されてきた、我が本棚の、最近のものから……
 

※ 『ヒーローたちのGUN図鑑』
カラー詳解 ヒーローたちのGUN図鑑

本格的な銃器マニアというのは、大体は戦争好きのミリオタから入って、
サバイバルゲームにまで行くというのがパターンだと思いますが、

小生に代表される「ボンクラ男子が単にアコガレる銃」というのは、
ほぼほぼ、マンガもしくは映画の主人公が持っていたモノの刷り込みです。
 

僕が一番最初に買ってもらったモデルガンは、
爺様に買ってもらったタコ弾使用のワルサーP38です。
言うまでもなく『ルパン三世』ごっこがしたかったからです。

その後スミス&ウェッソンで『あぶない刑事』ごっこですよ、要するに小学生時代は。
 

これはそんな「フィクションヒーローの銃に憧れる」ボンクラどもの疑問を
全て一発解決する、スバラしいコンビニ本です。

「あの作品の主人公が使っていたのはどの銃か」が一目瞭然。
600円ポッキリ。そんな本の割には紙質もそこそこ良くて、カラーでして。イイスね!

あらゆる「銃器マニアじゃない銃器好き」(なんやそれ)にオススメしたい。
 

『シティ・ハンター』の冴羽遼は、コルトパイソン。
『ダイ・ハード』のマクレーン刑事は、ベレッタM92SF。
『ゴルゴ13』デューク東郷は……そうですね、米軍ライフルM16A2!
 

まぁ、これぐらいは常識として、もう少し深い作品まで
踏み込んでくれるのが、この本でありまして……
どんな時に役立つかと言えば……

そうだなぁ。アメ横とかどっかで、ついトチ狂って、
男がモデルガンを品定めする時……やはりボンクラの脳裏には、
フィクションヒーローが当然チラついているワケで、

エアガンを買った結果、撃つのは所詮、
カーテンの前に置いた呑み屋のマッチ箱程度だったとしても、
気分はいっぱしのスナイパーであり、傷だらけの刑事でありたい。

そんな向きには、この一冊は男の参考書として必携でありましょう。
ビデオマニアの副読本としても。

カラー詳解 ヒーローたちのGUN図鑑 カラー詳解 ヒーローたちのGUN図鑑
白石 光

決定版 世界の特殊部隊FILE 最新・最強GUNカタログ [完全版]図説・世界の銃パーフェクトバイブル (歴史群像シリーズ) HEROES Gunバトル オールカラー完全版―ヒーローたちの名銃ベスト100 (パーフェクト・メモワール) トイガンダイジェスト2011 (ホビージャパンMOOK 371)
by G-Tools

 

Facebook Twitter More...
Comments

No comments yet.

Leave a comment