テッパク行くならハマへ行け

また横浜の話に戻ります。

小生が先日10年ぶりに(遊びに)ハマに行った先日、というのは
知人一家と一緒だったもんで、そこのセガレのリクエストで、
横浜市電保存館、つう所に行ったのですな。
 
ボクは軽めのテツで、深めの博物館マニアでありますため、
ココの存在はもちろん知っていました。
でも、根岸駅からバスだし、遠いよなぁ、と。
あとは、なんかヘボそうだよなと思って、ナメてましたね。

ところが、驚いた!

これおおよそ、入場料100円とは思えない中身でございました。
市電の車両は7両もある。乗り放題。いじり放題。

三菱のマスコンとか、木製の自動ドアとか、シビレ節!!


窓外を昔の映像が流れる演出の車両もある。

どの運転手が無賃乗車を見つけて表彰、どの運転手がぶっつけてペナルティー、とか
そんなのまで記録された社内報もある。

パーツやら小物やらの展示も豊富で、文字通り「横浜市電→横浜市営地下鉄」への
流れは完全網羅できるといってもイイでしょう。

 
お子様向けにはシミュレーターとかもあるし、
あるマニアがコツコツとフルスクラッチビルドした
膨大な鉄道模型も収蔵されてるし、OゲージとHOゲージの
巨大なレイアウトもちゃんとある。

こりゃかなりスゲェと思いましたね。
少なくとも、京王、営団地下鉄の博物館は軽く凌駕していました。

コストパフォーマンスはJR東の鉄道博物館をしのぐでしょう。
いや、あそこも面白いけど、入るのに1000円ですよ、ナメてますよ。
その点ここは1/10だ。

非常にワクワクな空間でありました。
個人的には「路面電車とは言っても横浜市電は
バスみたいにデカい」というのが発見だったなぁ。
荒川線や世田谷線、広島市電や札幌市電なんかをイメージしてると、
えらい違うもんだな、という感じが致しました。
 

帰りに(まったく別の場所でしたが)
横浜都市発展記念館、つう場所に寄って、横浜の交通史を
ニュース映画から引っこ抜いたDVDを買ったんですけどね。
このDVD、もし市電保存館の方で買えたら、即完売だと思いますよ!

そこらへんはいろんなシガラミがあるんでしょうけど。
時間がなかったんで、その横浜都市発展記念館は見れませんでした……
 

で、ハマの方博物館は、まだ全然潰せていないという事に気がついて
驚愕していますね、ボクは。

東京は、ほぼほぼ潰したと思っているので、これからはハマですな!

 

Facebook Twitter More...
Comments

No comments yet.

Leave a comment