中華街とナツメ餡

ハマの中華街に行って参りました。

大学の時、卒業制作をここで撮って以来(当然ゲリラ)でございます。
あの時、かなりヤバい橋を渡った気がウッスラしますが、
よく青龍刀で首チョンパされなかったと思います。

中華街は神戸にも長崎にも立川?にも、
いや、厳密に言えば神保町にも、北池袋から板橋にかけても存在しますが、
横浜のぶっとび方は異常です。

下世話が突き抜けて、ここだけ可になっているという不思議な場所でありますな。
その勢いは、往時より加速しておるようでした。
 

だってさ、無理矢理甘栗を試食させて「食うだけかよ! オイコノヤロ!」
みたいなこと言われるのって、まるで中国まんまじゃないですか(笑)

あと、どの店もテレビ紹介された店はこれでもかと画像貼ってある。
貼れば貼るほどスゴいと言わんばかり。

日本の店だと「テレビに紹介されました」のキャプ画像なんか
貼ってあるなんてのは、ダメな店のフラグなんですが、
ここだと、なんかOKな感じになっています。

ついでに「点心世界チャンピオンの店」を謳ってる店、
妙に多いすね。
……モンドセレクションみたいにゼニで買える金メダルなんじゃねぇのか?
とか思いますが、それはまぁ。

 
実は、買いたいものがありました。

ウチの爺様・御年90は……東北の農家の次男だか三男だったので、
もう高等小学校出たら四の五の考えず大陸に渡り、満鉄に入って車掌になったのですが、
それゆえ徴兵もされず(長兄は内地にいたがために徴兵されて戦死)、
今ここに私ブラシーマンがおるのも、そのおかげという、数奇なことになっちょります。

その爺さん、帰省の折には(帰省ったって陸路+海路帰国ですからオオゴトだと思いますが)
「ナツメ餡の羊羹」を買ってきたという話を、昔聞いたのをウッスラ記憶していました。

小生はどうしても、それを探してみたかった。

それが日本にあるとしたら、中華街しかないじゃないですか。
ちなみに、ナツメってのは、多分プルーンみたいなものだろう、という
いい加減なイメージしかボクは持ちあわせておりません。
 

中華街一立派な菓子屋に飛び込み、聞いてみました。

そしたらありましたよ!

さすがに羊羹はないですが、ナツメ餡の中華菓子はゴロゴロあった。

買って送ったら翌日すぐ届いたらしく、オフクロから報告が来ました。
曰く「確かに昔、月餅はよく買ってきていた」と。
さすがにナツメ餡ではなかったと思いますが。
「よく覚えてたね」とも言われましたが、自分はそういう事の記憶力だけは
バツグンにイイのであります。

にしても、青年期に好きでよく食ったものは、やはり忘れられないのでしょう。

 
あ……自分の分を買うのを忘れた……
ナツメ餡がどんな味がするのかは、いまだ不明です。

 

Facebook Twitter More...
Comments

No comments yet.

Leave a comment