藤子不二雄A先生トークショー

我が神、藤子A先生トークショーに当たって行ってまいりやした。
まんが道シリーズの完結記念(40年以上!)です。

知ってる話ばかりでも、本人から聞くと全く違う! 
嗚呼、一流の話術。
80になんなんとする方とは思えないです。

ガン手術の後、夢で三途の川の向こうのトキワ荘メンバーに呼ばれかけ、
すんでで踏みとどまった話は、まぁ、出来過ぎとはいえ、すごすぎました。

※写真は賑やかしで配られたトキワ荘メンバーのウチワ。
引いたのはF先生(アンオフィシャルにつき回収(´Д⊂)

a8e5bc40f68511e2851d22000a1fb71f_7

撮影タイムでのA先生はすっげぇフォトジェニック。
カメラマンの注文にも余裕。

「ピース!」と「ドーン!」は、もはや鉄板w
そのまま本尊として祀りたいですね、これは。

DSC07323

DSC07330

壇上から「描くから撮らせてね~」と、
客を自分のカメラで撮るのも、相変わらず!

「自分の手術の撮影」(!)すらも依頼し、
「そんな患者さんは初めてです」と医師に言わしめたのだとか。

思うに、まんが道シリーズは、ただ記憶と回顧で描かれたものではなく、
日記、家計簿、写真の蓄積……几帳面さの賜物かな、と。

イジワルな記者が、最近よく語られる(まぁ、僕も嫌いな話ではないのすが)
「裏手塚」「黒手塚」のエピソードを引き出そうとしましたが、
全く動じずに「手塚先生は本当に恩人です。先生がいなかったら、
僕も藤本君も漫画家になっていません」と流したとこも、
いろんな意味で最高でした。

 

Facebook Twitter More...
Comments

No comments yet.

Leave a comment