清く正しいニッポンの公園

招かれて、さいたま市は「大宮公園」に行ってきた。なんか、ここにはトンデモナイものがある、と前々から聞いてはいたのだ。

行って、確かに、驚いた。

数十年時間が停止したかのような、「飛行塔」があったのである!
それは別に遊園地でもなんでもない、「公園の中」にいきなり、現れた。
鉄骨の感じがたまらない。

DSC06932
 
しかも、その下にはオールド乗用遊具がガバチョとあり、ミニ鉄道やらバッテリーカーも。ミニ鉄道に「JR号」と書いてあるのも(当然無許可でしょうが、開業の頃からこの遊具はあんだろうな)すんばらしい。

DSC06934

DSC06921

DSC06928
 
ちなみに、写真のハリケーン、大人がまたがってもバリバリロデオ状態になりますんで、ぜひお試しあれ。メンテは上々。もしV3の本放送時から稼働していたのなら、俺より年上だ。すんごいね。

すぐ近くには、入場無料のミニ動物園(とはいってもなかなかの規模)もあり、あー……そういや猿とか孔雀が、我が地元の大きな公園でも飼われていたっけ、とか思い出していた。
 
この場所のキモは、今や全国の公園の大多数でそういうものが撤去されている流れに逆らいつつ、あくまでナチュラルに昭和が残っている、ということで、率直なる感動を禁じえなかった。見てるだけで、スッとガキの時の気持ちに戻れてしまう。リアルタイムマシンである。
 

さて、そんな大宮公園。やはりジモティーの人にちゃんと案内されてよかったな、と思うのは、小生はこれまで実は2回訪れていたというのに、これらの存在を全然知らなかったのだ(w。かつ、アルディージャの本拠地でもあるサッカー場と、西武もたまに試合する野球場と、鉛色のオーラが蔓延する大宮競輪場は、「公園内の超至近距離」にある、ということである。これも知らなかった。

……アホなことに、小生の過去2回のここへの来園は、サッカー場と競輪場に「別の駅」から来ているのだ。なんだそりゃ……だって、隣にあるなんて知らなかったんだもん!!

……土地勘がない、ということは恐ろしい!
 

そして更に深いことには、この大宮公園、微妙に敷地外とはいえ、競輪場のすぐ前には大きな中学校が!(現行の法律上では多分無理……「朝練に来たら、知らないオッサンがケツ出して寝てる、という!」(案内人K君・談))、そのまた隣には、かつて日蓮正宗や創価学会とガチ抗争を繰り広げたという、某新興宗教の総本山までもがあるという、カオスにも程がある有様であった。教育に良すぎる環境だ。

ちなみに、大宮公園のメインは大きな神社であり、そこそこ大きな池もある。つまり何から何までがジャパンの原風景であり、こういうニッポンの縮図たる公園は、実にスンバラシイとしか言いようがない! 過去にいろいろ見てきた公園の中でも、屈指の「完成度」であった。外周含め。

もし小生に外国から友人が来たならば(いませんが)、ここと国技館(相撲開催中に限る)には、ぜひ連れていかねばなるまいと思った次第だ。

 

Facebook Twitter More...
Comments

No comments yet.

Leave a comment