『女渡世人 おたの申します』

なにが映画『コドモ警察』だ。なめとんかボケ。

ということで、今の邦画に希望がないなら、過去の名作を観ればいいじゃない!

『女渡世人 おたの申します』
@文芸座。

藤純子のあらゆる仕草が、美しい。
花札さばき、刀さばき。立つも、座るも。
指の先までも、何か水が流れるような芝居。

しかし、狂気モードに入ると、時折、
寺島しのぶの表情が顔を出す(!)のがまた、たまらない。
 

「やくざは日陰の花だ……」文太の男前演技も、このあたりがピーク。
こうしたセリフを、すっと与える笠原和夫脚本は
完成されすぎていて、『仁義なき戦い』以外のこういう王道作でもグッと来る。泣いた。

で、ピラニア軍団(という名前はまだないが)どもの脇役執念。
おなじみ金子信雄の悪役のおかしみ。
全てが味である。

完成され尽くした昭和映画の様式美の下地があってこそ、今のテキトーさが許される
邦画界もある……つうことを、若い演出家はもっと考えた方がえぇ。マジで。

 

Facebook Twitter More...
Comments

No comments yet.

Leave a comment